猫魔合宿報告

こんにちは。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!!でございますが…年末のご報告を(・ω・)ノ

私は、2020年の締めくくりで、12月30日まで福島県にある猫魔スキー場というところで合宿をしていました。

私は、スキーハーフパイプの選手ですが、まだ国内にはハーフパイプはないので、キッカーと呼ばれるスキー場のゲレンデにあるジャンプ台で練習を行いました。

いつもならすぐハーフパイプの練習をするので、しっかりキッカーの練習することはなかなかなく、苦手意識もありましたが、試合を想定し何の技を練習すべきかというのを考え、いい練習ができました!

今回の合宿でやりたかったことは、きっちりやることができました。

しかし、12月29日( ゚д゚)
朝、2本目のジャンプに、魔物が!!

着地した瞬間腰に電気が走ったような感覚でした…
腰を痛めてしまいました(´⊙ω⊙`)

不幸中の幸い、病院の診察の結果、そんなにひどくなく
すぐに雪山に復帰はできそうです!
情けない話ですか、今はできることをしっかりやるのみです!

なかなかうまくいかないことが多いですが、引き続き頑張ります!
現在は、スキーもジャンプもできるようになってます!

今回の合宿も動画を作りました(^^)

なかなか雪山に行ったことがない、雪の降らない所にお住まいの方もいると
思うので、景色なども入れてみました!
ぜひ、ご覧ください!

新年のご挨拶

皆さま
新年明けましておめでとうございます‼︎

昨年も、Johoku Athletes Clubを応援してくださり
そして、ブログを見てくださりありがとうございました。
2021年もよろしくお願いいたします。

年が明け、
早速4日から強化合宿に参加しています!

新型コロナウイルスの感染者数が再び増加し、この先どうなっていくのか見通しの立たない状況ではありますが、五輪に向け
戦う準備をしっかりしていきたいと思います。

まず私の目標は、出場を決めること。

私に残されたチャンスは、
日本で1番になることだけです。
国内レースで優勝することで夢に近づくことができます。

気を引き締め、強い気持ちを持って
勝負の時まで日々を大切に過ごしていきたいと思います‼︎

今年も応援よろしくお願いいたします!!」

想い

皆さん、こんにちは。コロナ禍で大変な日々ですが、どのようにお過ごしでしょうか?

今回は近況報告をさせていただきます。
今シーズンの第2戦(1戦目ニュージーランドキャンセル)となるワールドカップが12月、2月にアメリカで開催予定でしたが、新型コロナウイルス拡大の影響で、中止になり、ついに世界選手権までキャンセルになってしまいましたました。

今シーズンからオリンピックの選考大会になるので、どんどん予選が無くなりチャンスが少なくなっている現状です。

この時代にスポーツ、競技する、続けるということは、特別で経験できないことができていると思う反面、心身ともに苦しく、気持ちを維持することが難しいシーズンとなっています。

私が思う選手としてあるべき姿と、実際の今の姿が一致せず、、どうすべきかと日々思っています。

私が思う選手の姿とは、何事にも恐れず立ち向かっていき、常にポジティブで、目標に対して逆算し、確実に進んでいく。ようなイメージです。

コロナ禍、先が分からないシーズン、、
今の私は 慎重すぎるくらい… 慎重になっています。

いろいろ考えても解決しないのは分かっています。今ある環境、今自分が求めるストレスが少ない環境で頑張るしかないのです。

改めて過去の自分を振り返ると、自分が思い描く選手の姿を演じていただけだった..そんな気がします。
当時は、そんなことを思っていませんでしたが( ゚д゚)

ポジティブでないといけない、弱音は言っちゃいけない、前だけ見て確実に目標達成する!というような感覚でした。

今思い返すとあれは、自分を奮い立たせるための仮の姿だったんじゃないかな?と、思います。

あの日から月日が経ち様々な経験から、今ではもう少し自分を認めて、素直にスキーと向き合おう。という考えになりました。

思うようにスキーができない、気持ちも体もついてこない、いろいろなことが悔しい、苦しい、悲しい。それでも、スキーは大好き、ハーフパイプも大好き。
これが今の私の素直な気持ちです。

今はやるべきこと、自分の体、気持ちと向き合いながら最善を尽くす。
この夏、私はスキーが確実に上手くなりました。

世界、日本、会社の方々、家族、周り全ての人が大変な思いをして日々を過ごしていると思います。この環境でスキーを出来ること、競技者であること、全てのことに感謝して、あと1年もう少し頑張って行きたいと思います。