競技報告

皆さん、こんにちは。

5月29日 30日
この日、東京五輪の開催国枠国内最終選考会が石川県小松市で開催されます。
前回のブログの最後でもお伝えしていたように、
私もこの試合に向けて1年以上準備をしてきました。

ですが、今月5日6日にタイで行われたアジア大陸最終予選会の結果を受け、私の種目の開催国枠が無くなってしまいました。
これにより、国内最終選考会での対象種目から外れてしまい、同時に私の夢が途絶えてしまいました。

アジア大陸の結果が自分の出場チャンスに左右してくる状態だったので、現地のレース結果を常に気にしていました。
結果が出た時は、自分の中で状況を整理することが出来ず、現実と向き合えるまで時間がかかってしまいました。

一生のうち、また現役選手というタイミングで迎えることができることの難しい母国開催ということももちろんですが、競技者として2020年を大きなターゲットとして据えていました。
また、城北信用金庫の支え、地元静岡県の存在、これまで私の戦いに力を貸して下さったコーチ陣、チームメイト、そして家族や多くのカヌー関係者、本当に色んな方々が応援してくださってきたので、結果で恩返ししたいという思いが強くありました。

今回の結果はとても残念で、声援にも応えられず申し訳ないです。
ただ、この悔やむ気持ちだけではなく、これまで私の競技活動を支えてくださった皆さまに、言い表せないほど感謝の思いでいっぱいです。

アスリートとしての最大の目標を追う中で貴重な経験、多くの出会いがありました。
色々なものを目にして、自分自身とも向き合い、多くの感情を得ました。
カヌー競技を通じてこんなにも素晴らしい経験ができたこと、本当に幸せなことだと感じます。


今月末の夢をかけた試合は、泣いても笑っても一発勝負です。
私のレースはなくなってしまいましたが、その日を想像すると、緊張感、ワクワク感、様々な感情が湧きあがります。
試合出場選手には、とても重みのある1日になるかと思います。

私自身、 今後のことはまだ決断できていませんが、これから進みたい道を今一度自分と向き合って考え、また何か皆さんにお返ししていけたら嬉しいなと思います。
皆さま、応援ありがとうございました。

タイでの結果を受けた数日後
石川県の住まいの近くの森をのんびり散歩しました。
自分と向き合って
少しずつ気持ちの整理をしながら
これからの道を考える時間となれました。

合宿報告

皆さん、こんにちは! 

今、私は石川県にいますが朝晩の肌寒さから一変、日中は汗ばむような暖かい日が増えてきました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

少し前の話となりますが、
昨年の11月から年末前までと、年明けから今月初めまでのトータル約5ヶ月間、沖縄県宜野座村にある漢那ダムでの強化合宿に参加しました。
より質の良いトレーニングをするために、気候と練習環境を考慮して合宿地が沖縄県となりました。
これまでトレーニングを共にしてきたチームに混ざって合宿を行いました。

この合宿では、練習場・宿泊施設・食事などの面での手配をはじめ、宜野座村の方々が沢山のサポートをしてくださいました。
おかげで、トレーニングに集中できる素晴らしい環境で合宿を行うことができました。
私個人としても、自身の課題に向き合ってトレーニングを重ねることができたのでとても充実した合宿となりました。

5ヶ月間という長い期間だったので、競技の調子が良い時も悪い時もありました…。調子が優れない時は気持ちが落ちてしまうこともありましたが、そんな時も宜野座村の方々が支えてくださった場面もあり、とても助けられました。

沖縄合宿での練習風景

今は石川県に移って、来月控えている試合に向けて合宿をしています。
沖縄合宿で積んできたこと、学んだこと、感じたこと全てを活かしていきたいと思います。

この冬、沖縄で合宿ができとても良かったと感じています。
合宿でご尽力くださった宜野座村の皆さんに感謝の思いです。
試合結果で恩返しできるよう、引き続き頑張ります!!

沖縄の景色
綺麗な景色にも癒されました‼︎

試合

皆さん、こんにちは!

先月末に、香川県坂出市の府中湖にて行われた試合に参加してきました。

ここ府中湖では毎年、3月末にシーズン最初の試合が開催されていて、海外派遣選手選考会という名目で日本代表を決めるレースに位置付けられることが多いです。

今年もシニア(高校生以上)・ジュニア(高校生以下)のカテゴリーが開催予定でしたが、新型コロナウイルスの関係で大会の開催が中止となってしまいました。

ですが、シニアの大会出場資格を持つ限られた選手のみに規模を縮小して、一部の選考レース実施がされました。

大会規模が縮小となってしまったのは残念でしたが
この状況の中、コロナ対策を徹底した上で一部の選考会実施にご尽力いただいた大会関係者の皆さまに感謝しております。

四国の香川県でのレースということで、試合に向かう時は本州と四国を結ぶ瀬戸大橋を渡ります。


試合で使うカヌーを自分で運ぶため、遠征時の移動は車です。中学生の頃からこの香川県の試合に出場していたので、瀬戸大橋を通ると試合に来たなぁと思います。

個人的には、風が強い日は車の上に乗せているカヌーが揺れることがあるので、瀬戸大橋を渡る時は少し恐怖心があって、いつもドキドキしてしまいます。

今回はシーズン最初のレースということで、約半年間の練習の成果を見ることと、5月末に重要な試合を控えているので、それに向けた実践練習としてレース感を経験することも大きなポイントでした。

レース結果としては、

200mで優勝、500mで2位でした。

どちらも勝つことを目指していたので、結果としては良くなかったのですが、勝ったレースも、負けてしまったレースもそれぞれで良い悪いの評価がありました。自分の課題もさらに見えてきましたし、ライバル達の様子も把握できて、多くの収穫を得ることができました。

今回のレース経験を5月末のレースに活かせるよう、残り1ヶ月少し、心身ともにしっかりと準備を重ねていきたいと思います!!