春スキー

こんにちは。
長い冬も終わり、関東では桜の木も緑になりつつあります。
そんななか、まだまだスキーやりたがりの鈴木です(^^)

やっぱりスキー好きだなぁ♡

「もうやらなくていい」と思うくらい今シーズンはスキーをしたはずなのに、
今でも、毎日スキーをしたくてたまらない日々です。

今回は群馬県に行ってきました!
この時期は雪道ではないので、車で行くのもらくらく♡

スキーはレジャースポーツなので、ランチも楽しみの一つです(^^)

ゲレンデで食べる食事のことを、ゲレ食と言います。
ゲレ食といえばカレー!

わたしは、初めて行くスキー場では、絶対にカレーを食べます!
今回は群馬県の『たんばらスキーパーク』のカレー(゚∀゚

上州牛カレーライス

うん、美味しかったです!

そして食後のソフトクリームも♡
幸せの極み!!

ソフトクリームと鈴木

食べた分、みっちり4時間滑りました!
くたくたですねヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

スキーをする鈴木

暑すぎて汗だくでした…

帰りは汗を流しに温泉に行ってから帰りました!

スキーも楽しく、スキー後の温泉も気持ちよく、幸せいっぱいでした♡

想い

私が今まで目標としていた大舞台が終了しました。

応援してくださった方、テレビで私の滑りを見てくださった方
そして、温かいメッセージを送ってくださった方
本当にありがとうございました。

2018年に開催された前回大会にも出場し、2大会連続で出場しましたが
私にとって、全く違う大会でした。

前回大会は、出発する時からわくわくと緊張が止まらなく
ずっと戦闘態勢で…

そのまま大会に臨んだ結果、自ら勝手に作ってしまったプレッシャーに
負けてしまい、自分らしい滑りをすることができず…
カメラの前で泣きながら謝罪をしてしまいました。

その時、謝罪してしまった自分がどうしても嫌で、
やり直したい気持ちだけで、今大会を目指しました。

そして、今大会…
緊張というより不安が大きかったです。
出発前から、コロナウイルス蔓延により、「本当に出発できるのだろうか」
「本当に私は今まで練習してきたことができるのだろうか?」
ずっと不安がつきまとう大会でした😵‍💫

そんな気持ちでも、ハーフパイプの上に立つと楽しい気持ちが大きくなり
冷静に、集中して練習をすることができました。

とにかく、パイプを滑り飛んだ瞬間、気持ち良かったんです。

スキーに関しては「ああしてれば」とか「こうしてれば」修正点は多いです。
ミスはありましたが、あのミス以外は私の今できる
全力のパフォーマンスでした。

滑走後のインタビュー…前回できなかった感謝を伝えることができました。
なので、大会への後悔はないです!

インタビュー時は、やっぱり涙が出て色々な想いが溢れてしまいました。
あれは完全に私らしい姿です。

どこにいても、悔しくて泣いたり、喜んで泣いたり、感動して泣いたり…
しています(笑)

ハーフパイプを始めて間もない頃は、悔し涙が多すぎて
ホワイトボードに正の字を書いて数えられてたことも…

あの時、インタビューで泣いている姿をみなさんにお見せしてしまって
本当に良かったのか、今でもわかりません。
すごくネガティブに見えた人もいるかな?と思ったり…

あの時の涙は、すごくポジティブな気持ちでした。

この舞台に立てたこと!
ミスはあったが、できることはやった!ここにみんなが連れてきてくれた!
何より、みんなの前で胸を張れた!思い残すことはありません!

私の人との縁は最強です!

ここまで、手を貸してくださった多くの皆さん!応援して下さった皆さん!
本当にありがとうございました。

この後も私のスキー人生は続いていきます。

これからも、よろしくお願いします。

地元山形

わたしは山形県長井市生まれました!

冬はとても雪深く、夏は盆地ということもありとても暑い場所です…

帰国後の自宅隔離は実家で過ごしました。
1週間家の中でトレーニングしたり動き回ってました!

意外とやることが多く、バタバタと1週間過ごしていましたが
1番大変だったのは…除雪!!!

朝は雪かきから始まり、家と道路の道を確保、車を掘り起こし
それが終わったら1日がスタートするような状態でした。

雪国生まれではありますが、大人になってからはずっと東京にいるので
改めて大変さを実感しました、、、、楽しかったです!

起きたらここからスタート…玄関前は屋根から落ちた雪…

外に出る道を確保⇨車の周りを掘り起こす⇨重機で雪を運ぶ!!

除雪の様子👉

改めて、雪国の人たちの、力強さを感じた1週間でした!!